スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際金融資本とバズーカ砲を撃つ日銀との関係


ついに、2014年度に日本の国債先物市場
の取引は1731兆円になりました。


 国債とは国の借金です。毎年の国家予算を組む時、国の収入と支出で支出の方が大きい時、国は国債という利息を付けた借金証書を発行します。
 
 
 
 2013年に国債(国の借金)は1000兆円を超えているとの報道がありましたが、実際には既に2010年3月末で国のバランスシートは1019兆を超えた負債総額となっています。
 
 
 
 では、この国債の買い手は誰でしょう?

 
 
 その多くが銀行や生保、年金などですが、国債が増える度に銀行が買わなければいけなくなります。そこで、銀行は国民の貯金を国債の方に回し、民間には金を貸さなくなったので結局、中小企業の生産活動が止まって不況になってしまったのです。
 
 
 
 ところで、官僚たちの天下り用として特殊法人などがありますが、実は政府が彼らの天下り官僚
のために200兆円以上のお金を出しているのです。

 
 これらの金はもちろん、国の借金、つまり国債を発行して、その金を特殊法人に貸し付けたり、特殊法人の設立もしくは規模を大きくする時の出資金になっています。
 

 ところが、現状はその、特殊法人の多くはその金を本来の目的には使わず、投資や外債、貯金金利のためにその金を基金として眠らせているのです。

 
 かつて、民主党がこの特殊法人の隠し財産を追求し、政権を取ってからこの無駄な埋蔵金を掘り出すために国会中継してまで騒ぎましたが、結局、霞が関官僚の抵抗にあって、政権を失ってしまいました。つまり、官僚などにとって民主党はもうコリゴリという訳です。

 
 結局、日本では官僚のために埋蔵金を増やしてやれば長期政権になるのです。民主党はこのことを知らないで正義感だけで行動したために政権を失い、官僚にへばりついたマスコミは民主党たたきをして民主党のイメージを悪くしてしまったのです。

 
 さて、この国債に異変が起きました。日銀が禁止手の国債買い入れを行ったからです。いわゆるアベノミクスですヨ。

 
 日銀が銀行から国債を買い入れてお金をどんどん銀行に流したのです。それによって皆さんはどんどんお量が増えて喜ぶかもしれませんが、実際は逆です。お金の発行が増えても皆さんの手にはお金が届かないのです。

 
 つまり、日銀が発行したお金は銀行に行くだけで銀行は貸し手がいないので再びドル債などを買ったりしてお金が本当に必要な中小企業や不況産業にはまったく貸さないのです。

 
 そして、お金の発行量が増えるために需要と供給の関係から円安となってインフレとなるのです。すると、物価が上がって消費税も上がるとなれば、増々国民の生活が苦しくなって増々不況になってしまうのです。

 
 このような時に冒頭で記述した通り、国債先物市場に異変が起きたのです、それは外国資金が日本国債の先物市場にお金を流して来たのです。
 国債先物取引の1731兆円の内、外国勢が896兆円もの取り引きを行っていたのです。取り引きの過半数を超えたのです。どうしてこういう事が起きたのか?

 
 これは欧州中央銀行(ECB)が昨年政策金利をマイナスまで引き下げてしまったから、お金を銀行に預けると金利を貰えないどころか管理料を取られるので貯金の代わりに国債を買う動きが出たのです。

 
 結局、ヨーロッパの主要国の国債価格が上がってその分、実質金利が下がってしまったので、相対的にまだ、日本の国債の方が利息の利率が高いために一斉に日本の国債を買いにきたというのがマスコミの説明になっているのす。

 
 しかし、この説明は正しくないでしょうネ。国債先物は半年後、あるいは一年後、二年後に、国債を買いますよと言うことで金利を狙うなら国債の現物を今買うはずです。つまり、金利じゃないという事です。金利を狙うなら、まだ日本の国債よりはドル債の様が良いでしょう。

 
 と言うことは、国債の先物とは現物取引ではなく、将来の取引のため、ある面では架空取引なので将来、国債が値上がると思えば買う人がいるし、その逆に国債の価格が下がると思えばその値段で売る人がいて国債先物取引が成立するのです。

 
 そのため、日本は戦後の敗戦から欧米の事実上の金融奴隷ですから、必ず金融のプロである外国勢に儲けさせることになっています。そうなると、外国勢が買うならば将来国債が値上がるのかなと思うでしょう。

 
 しかしながら、日本側の方は株が値上がっているし、これから国家予算が通ってまた大量の赤字国債が売り出される。しかも、これからは日本の景気が上がると思うから誰だって国債は将来下がると思いますよね。

 
 そうです。だから国債先物市場で日本側は国債の価格が下がると思っている人が多いから、国債の先物を売っていた訳です。だから、国債の先物の値段が既に下がっていたのです。そこで、外国勢は逆の考え方で国債先物を買うのです。その後に、日銀にまた多量に国債を買わせて国債価格を上げさせるのです。

 
 さもないとヨーロッパの国々の先物の金利が既にマイナスであっても、日本の5年物の金利が0.07%じゃ買う気にもなれないでしょう。ましてや国債が暴落したら金利どころじゃないからです。

 
 と言うことは、逆に言えば先物の買い手であるヨーロッパの国債こそ、将来値下がると見ている人たちが多いからヨーロッパの主要国の国債を売って日本の国債を買うというヘッジをしていると考えるべきです。

 
 となると、日銀は彼らの外国勢のために日本の国債を値下がりさせてはいけないから、そのような状況になる以前に彼らが国債を売り逃げるまで再び日銀がバズーカ砲を撃って大量の国債を買って下支えをするということになるのです。

 
 これが今の日本の現状なのです。もっとも、外国勢が896兆円の取引をしたという全体の統計は昨年度の話で合って、今の話ではありません。だから、日銀がこれまで意表をついてバズーカ砲を撃ち、国債をなぜ大量に買ったかの理由がこれで理解されたと思います。

 
 結局、国際金融資本のために政府と日銀のお芝居だったと言えるでしょう。金儲けしか考えない保身の日本人は結局、保身や金儲けのために日本まで売ってしまったのです。





スポンサーサイト
プロフィール

furyukazemakase

Author:furyukazemakase
FC2ブログへようこそ!世に蔓延る悪鬼を炙り出す。
旧tabihamitizure 旅は道づれ のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

furyukazemakase

Author:furyukazemakase
FC2ブログへようこそ!世に蔓延る悪鬼を炙り出す。
旧tabihamitizure 旅は道づれ のブログです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。