スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚者の口のなかには斧がある

前回のブログで五井野正博士をネットでやたら批判する、いわゆるネット中傷人のことを書きましたが、今回はいかに世の中に向けて他人のことを嘘までついて中傷文章を流布することが倫理的に恥じるべきことか書きたいと思います。

ある時、お釈迦様に修行僧コーカーリヤが言います。それはお釈迦様の弟子で教団の後継者ともいわれたシャリープトラ(舎利弗)と、モッガラーナ(大目蓮)の悪口でした。お釈迦様はその悪口を諌めましたが、なおもコーカーリヤは言い続けます。
そして反省する気配もなく彼は教団を去るのですが、その後に突然病に伏せ死にます。その後コーカーリヤは紅蓮地獄に堕ちたといわれます。
お釈迦様は「人は生まれたときには実に口のなかに斧が生じている。愚者は悪口をいって、その斧で自分を断つ」と言われたという。
一説ではコーカーリヤは実はダイバダッタ(お釈迦様のいとこで、後にお釈迦様の命を狙ったという大悪党)の子分で、お釈迦様の弟子達を追い出してダイバダッタらが教団を乗っ取ろうと謀ったことが事の真相だという。つまり単純な悪口ではなく意図的な悪口であり、しかも嘘の悪口で、あろうことか罪のない人とお釈迦様までをも貶めようとしたために、その罪で地獄に堕ちたと言うわけです。


愚者は常に自らの意見が正論だと譲らず、それにそぐわないと攻撃します。
愚者は誉めるべき人を謗り、そうでない人を誉めます。

本来、人とは真実のみを語って虚妄、偽りを語ってはいけない。
正しい理を語り、理に反する言葉は語るべからず。
己の良心に恥ずべき生き方は、いずれ己に返ってくる。

いずれも理想の人の生き方の一片にすぎませんが大切な事だと思います。

いまだにネット質問箱やyoutube で五井野博士を虚偽の理由で悪口攻撃するネット中傷人は、先にのべた愚者そのものです。
しかもダイバダッタの子分のように罪のない賢人や仏を意図的に貶める者は愚者を通り越し、もはや大悪党であり無限地獄に堕ちるでしょう。

仏は魔とならず、魔は仏とならず。




五井野博士に関してのネット質問箱は実に自作自演の疑いが濃い!という、私の意見と同様のブログの方がいたので紹介します。
五井野正批判を糺す



スポンサーサイト
プロフィール

furyukazemakase

Author:furyukazemakase
FC2ブログへようこそ!世に蔓延る悪鬼を炙り出す。
旧tabihamitizure 旅は道づれ のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

furyukazemakase

Author:furyukazemakase
FC2ブログへようこそ!世に蔓延る悪鬼を炙り出す。
旧tabihamitizure 旅は道づれ のブログです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。